薬のスプーンと皿を持っている女性

今の日本では、妊娠のリスクが高い性行為があった場合は産婦人科に駆け込んで72時間以内にピルの処方を受ける必要があります。一般的なピルとは異なり、女性ホルモンを多めに含有しているアフターピルと呼ばれるものです。この場合、処方は自費診療になるうえ、問診や検査などが必要になるため女性としては負担が大きいものとなります。また望まぬ性行為だった場合、婦人科にかかること自体がかさぶたを引きはがす行為になる可能性も否めません。

ここでは、アフターピルに関する情報や、通販で購入できる商品について紹介してまいります。ただし、医師の処方箋なく購入することはリスクもあるということを前提にご説明しましょう。

アフターピルについて知ろう

アフターピルとは、緊急避妊用のホルモン製剤です。用量の大きい女性ホルモン製剤を服用することで、強制的に生理を起こすという手段で妊娠の成立を阻止するものです。日本では、2011年2月に国内で承認された医薬品で、レボノルゲストレルという女性ホルモン剤を1.5mg含有しています。妊娠の成立を阻止する目的で処方されるもので、性向後72時間以内に服用することでその成功率を高めます。

処方は一般的に産婦人科でのみ行われます。現在経口避妊薬として処方される低用量ピルの1回分と比べて10~30倍ものホルモン剤用量が含まれているため、問診や検査が必要になります。事件性が高い場合は処方とともに、同意のもとで体液採取や警察への通報などが病院内で行わることもあります。

また、自費診療となりますので病院によっても費用が異なりますが1回の処方を受けるごとに15,000円ほどの診察料と処方料が発生します。病院は手間がかかると考えている方にとって、通販サイトなら簡単に購入可能となっていたら、とても助かりますよね。日本の代行サイトから海外の医薬品を個人輸入などの形で手に入れることになります。効果に関しては、病院で処方されるアフターピルと同様、レボノルゲストレル剤1.5mgと同等品であるジェネリック医薬品ですので安心して購入できるのではないでしょうか。

個人輸入を行えば、1回分が1,000円程度で購入できますので、まとめ買いするとお得になると考えられます。もしものとき安心するためにも、まとめ買いして常備しておくこともよいでしょう。

ただし、アフターピルの服用は副作用が起こるといわれているため、処方箋がない個人輸入の場合は万一のときに対応してもらえませんので、まとめ買いをする場合は慎重に検討してください。また、このピルは妊娠の成立を阻止するのみにとどまり、性病の予防や回避には効果がありません。ピルを常備してまでの性行為は体に負担がかかるどころか、性病のリスクを無防備に高めているだけですので、使用には慎重になる必要があります。妊娠を望まないというのであれば、低用量ピルの服用の検討をおすすめします。1シート28日分で2,500円~3,000円程度です。お金の面では負担になりますが、低用量ピルのほうがリスクは少なくなるといえるでしょう。

通販サイトなら病院へ行かなくてもアフターピルが手に入る!

日本でこのピルを使いたい場合は、病院を受診する必要があります。医師の処方が必要な処方薬だからです。安易な処方は、性病のリスクを無防備に高めることにもつながります。また、産婦人科医の立場からすれば、バースコントロールの本質から外れてしまうため、これ以外の避妊法を指導・提案することもあるからです。

また、低用量ピルと比べて含まれるホルモン剤の量が多いため、体への負担も見られます。ことあるごとにアフターピルを求める患者に対しては、セックスや恋愛依存・自傷傾向の疑いがあるため、心療内科などへの受診を促すこともあるかもしれません。こういった側面のも見逃さないために医師が存在しています。

通販サイトで簡単にこの薬が購入できるということは、男性がそれを購入しレイプやDV行為に興じた後にそれを飲めばなかったことにできるという方向に筋書きすることも可能になります。女性にとっては卑劣な行為と受け取らざるを得ません。

通販サイトで購入できるアフターピルはジェネリック医薬品ですので安価です。そして、自費診療となってしまう医師の診察や検査・処方といった報酬も支払わずに済むので、購入時の金銭的負担も大幅に軽減できます。このメリットを優先させて購入することもよいでしょう。ただし、届いた薬は効果が見られない模倣品やコピー薬という可能性もあるので、信頼できる購入先を検討する必要があります。一般消費者にとってインターネット上で信頼できる購入先を見つけるのはとても難しいことだといえるでしょう。

日本では医薬品副作用被害救済制度があり、医薬品で健康被害が起こった場合しかるべき救済措置を受けることができますが、個人輸入された医薬品によって生じた健康被害については残念ながらその救済対象にはなりません。そのアフターピルは日本で販売されているものと同じ製剤と用量が守られているものですが、日本国内においては未承認製品であり、医薬品医療機器等法に準じて製造されているものではないからです。

安い簡単わずらわしさがないといったところで便利な個人輸入・通販サイトでのアフターピル購入ですが、リスクがあることも理解したうえで購入しましょう。また、人に譲ってもらったりすることは絶対に避けるようにしてください。

アフターピルのジェネリック医薬品なら安い

現在、産婦人科で販売されているレボノルゲストレル錠1.5mgは先発品です。保険適用の医薬品ではないので、薬価は明らかにされていませんが、1錠10,000円~15,000円ほどの価格設定がされています。また処方のために産婦人科へ行くと、自費診療となりますので、医師の診療報酬や検査代なども発生します。アフターピルの処方の場合、女性にとっては緊急度を要するばかりか、権利を守ることにもつながるため、検査や診察料、処方薬代を含めた診療報酬設定とするクリニックが大半です。

2020年3月に、日本国内においてレボノルゲストレル錠1.5mgのジェネリック医薬品(後発薬)であるレボノルゲストレル錠1.5mgFが発売されました。ノルレボ錠のジェネリック医薬品は日本初の商品であり画期的であるといえます。
こちらのレボノルゲストレル錠1.5mgFに関しても、保険適用の医薬品ではないので、薬価は明らかにされていません。ただし、特許が切れた後に製造販売される医薬品ですので当然薬価は先発品のノルレボ錠よりは安い価格で設定されています。

医師が全般的なジェネリック医薬品に対し否定的な考え方を持つ場合はレボノルゲストレル錠1.5mgFの取り扱いは行いませんし、先発品と後発品を患者が選択できるクリニックもあります。もし経済的な理由などで少しでも安価な緊急避妊薬を入手したいという場合は、事前に確認することも必要です。

さて、日本で唯一の緊急避妊薬の有効成分であるレボノルゲストレルは、合成された黄体ホルモンです。15mgという少し高めの用量の製剤を服用することによって強制的に生理を引き起こさせる働きを持ちます。WHO(世界保健機関)においてもエッセンシャルドラッグに指定している成分です。
エッセンシャルドラッグとは、その国の保健医療に最低限必要な医薬品を指しています。

医療先進国でもある日本ですが、緊急避妊に関してはレボノルゲストレル一択です。合成黄体ホルモン製剤は数多くありますが、安全性などの面でも考慮されています。また選択肢を作ることは、新たな命への配慮を怠ってしまうかもしれないリスクもあるため、現状ではレボノルゲストレルを用いたノルレボ錠エボノルゲストレル1.5mgFだけが日本で唯一の緊急避妊薬となっていると考えられます。

記事一覧
アフターピルに怖い副作用はないっていうけど本当?

アフターピルとは、緊急経口避妊薬の俗称です。性暴力を受けた場合などに産婦人科医の処方を受けて服用する高用量のピルです。日本では、緊急経口避妊のために、レボノルゲストレル1.5mgが配合されたノルレボ錠またはレボノルゲストレル1.5mgFが処方されます。性行為後72時間以内に服用することで、強制的に黄...

2020年05月02日
アフターピルの種類は様々!どんなものがある?

日本国内で承認されているアフターピルの有効成分は、レボノルゲストレルのみです。これはWHO(世界保健機関)のエッセンシャルドラッグ(その国の保険医療に最低限必要な医薬品)として指定されているもので、日本ではレボノルゲストレル製剤一択のみとなります。このほかにも、口コミなどでも広がりつつ個人輸入などで...

2020年02月01日
低用量ピルのマーベロンならニキビが治せる!?

生理周期によって吹き出物ができて困るという人や、思春期にニキビがひどいと容姿にコンプレックスを抱く人も出ています。また、それと同時に生理周期がそろわないというような悩みを持っている人もいるかもしれませんね。中には、皮膚科でニキビの軽減を目指して治療をしている人も少なくありません。その中の何割かは医師...

2020年04月06日
低用量ピルの飲みすぎると不妊症になる?

日本で低用量ピルが解禁されたのは1999年。まだ20年ちょっとの歴史しかありません。婦人科疾患の治療目的で処方される中用量ピルは、低用量ピルの10倍程度のホルモン量が含まれており、副作用が大きく飲み続けられないと服用停止する人も多くみられました。低用量ピルは、体に負担がかかりにくい量の合成ホルモンを...

2020年03月09日
低用量ピルのトリキュラーはコンドームよりも避妊効果が高い!

避妊目的でピルを処方してもらう人が増えています。その中でも三相性の低用量ピルであるトリキュラーは、産婦人科でも体に負担がかかりにくいピルとして推奨していることから人気のある商品です。有効成分は、アフターピルの成分と同様レボノルゲストレルという合成された黄体ホルモンです。これをごくごくわずかな量配合し...

2020年02月08日
生理痛なら低用量ピルで緩和可能

生理痛は女性なら当たり前の症状といわれることがあります。この考え方はとても残念です。健康な女性の場合、生理の際に頭痛や下腹部痛、腰痛といった生理痛を伴うことはありません。もともと生理痛は、子宮収縮と子宮内膜が剥がれ落ちるときに発生するプロスタグランジンという物質が原因で起きる症状です。子宮収縮や子宮...

2020年02月04日
アフターピルをお守りとして持ち歩こう

アフターピルは、別名モーニングピルなどと呼ばれることがあります。つまり性行為に及んだ翌朝に、避妊の目的などの緊急時に飲むピルというものです。もちろん、ファッション感覚で服用するものではなく、一般的にはレイプなどの性犯罪に遭ったときや、危険日の性行為でコンドームが破れるなど、避妊に失敗したなどというと...

2020年01月30日